様々な漁法についてキャッチ

様々な漁法について

こちらのページでは日本で主に行われている漁業の種類についてご紹介いたします。

まき網漁業

鳥レーダー、ソナー、魚群探知機、目視などで魚群を発見し、船に積んである漁網を投入することによって、魚群を巻き込む漁法です。操業形態の違いにより、1そうまき、2そうまきがあります。海外まき網漁業は、1そうまきに分類され、漁船に搭載した3,4隻のボートを補助としてかつおを主な対象魚種として操業を行います。かつおを発見したら網の片端を持った船尾のボートを下ろし、漁船は群れを大きく取り囲むように旋回します。魚群が網の中に入ったら網を絞って小さくし、大型のタモ網でかつおを船の上にすくいあげ船内ですぐに凍結します。

さらに詳しくはこちらをご覧ください。

漁法まき網漁業

その他の漁業の種類

その他の漁業の種類